愛用している野田琺瑯のバターケースです
20160312_バターとケース07
大きめバターナイフは柳宗理、ケースは無印のペンケース大です。

バターケースは以前、陶器のを使ってたんですが、重い!陶器のフタも置くたびがっしゃん気を遣うのが嫌で、ずっと理想のバターケースを探してました。できればバターナイフが一緒にしまえて、バターカッターがついてるのがよかったんですが、ナイフを入れる切込みが入ってるだけのは結局1カットずつ切らなきゃだし、チープ感なプラのデザインだったり…
そんな時、これに一目ぼれ結局デザイン重視(笑)ナイフは別収納すればいいやって。かわいくて、フタが軽くて扱いが楽。琺瑯は清潔感があって好き

さて、コストコのカークランドシグネチャーの大量バターです。
20160312_バターとケース01
中は個包装が4つ入ってます。この青箱(約450g)×4箱売りで、セール時に購入したので、スーパーでよく見るのよりはだいぶ安かったと思います。(通常3000円ちょっとするみたいですね。ちょい安い位?)
アメリカの「First Quality」ってことで品質はトップグレードらしい。個人的にはちょい塩気が強い気もしますが、好きな味、おいしいです

カットするアイテムは
20160312_バターとケース02
100均の昔ながらのたまごスライサーがぴったり!
均等じゃないけどいいのいいの。(1かけ10g前後位)
卵スライサーとしての本体は捨てちゃいましたこのパーツだけなら薄く小さく収納できます。

ひたすらカットして、ラップに並べます
20160312_バターとケース03
まとめてくるくる包んでから、隙間をカットします
20160312_バターとケース04
ラップの端を折り返しておくとはがしやすいです

バターケース(大)につめつめつめつめ
20160312_バターとケース05
20160312_バターとケース06
これでバター小包み3個分です。
天然木(サクラ)のフタは裏返してまな板がわりに使えます。
早めに常温で出して使う方は、ちまちま切り分けなくても、フタにとってからカットしながら使ってもいいですね。我が家は食べる直前に出しちゃうのと(これでも硬ければレンジで10℃あたためします)、小分けにしておくとホームベーカリーに使う時にも楽です。切り分け面倒そうですけど、1回やっとけば当分食べれるし、意外とさくっとできちゃいます。

バターケース小は予備用というか、いろいろ使ってますが、これまたコストコの大量ホテルマーガリンを買っちゃった時なんか詰め替えてます。毎日バターだと飽きるのか子供が時々マーガリンがいいっていうので、両方常備しといたほうがやっぱり便利。どんだけバター消費するねん!ですね余った大量ストックは冷凍してます。

野田琺瑯/バターケース 200g用(BT-200)ノダ/ホーロー【楽天】野田琺瑯 BT-450バターケース 450g用
野田琺瑯バターケース 200g用、450g用
柳宗理 バターナイフ
柳宗理 バターナイフ

今日もさいごまで読んでいただいてありがとうございます

↓応援クリックいただけましたら嬉しいです!