20160211_カレンダー木製フレーム07


お友達の新居で見て以来、ずっと憧れている、北の住まい設計社さんのカレンダー
1
チェリー材 (画像お借りしています)
2
メイプル材 (画像お借りしています) 
うっとりする美しさですね

我が家にもお迎えしたいなーと憧れ続けて3年…
思い切って購入しようか迷いましたが、40cmサイズのこのカレンダーをインテリアの主役にできるいい壁が我が家にはない~

…で!自己満足ですが、つくっちゃいました。北の住まいさん風
無印良品の27cmのカレンダー。元々充分シンプルで美しいんで、あえて変えないほうがって言われそうですけど これに木製フレームをつけます。
無印のカレンダー、毎年同じ規格のようなので、かけ替えれるはず

--------------------------------------- 
【後記】
マグネットで着脱できる簡単な作り方に改良しました
 記事はこちらです→
---------------------------------------

20160202_カレンダーフレーム03

見せるほどのものでもないですが、ノートに思いつくまま落書き(なので間違いも)
20160211_カレンダー木製フレーム08
これ「my handmade book」。設計図、てほどでもないですが、どうせ紙に書くならと直接ノートに書き溜めているものです。
このノートに書き始めてから56個めの手作りですね。

ホームセンターで工作用木材を購入、
メインの材はカットして貰いました(1カット50円でした)。
20160202_カレンダーフレーム01
私、木材系のDIYは全くダメで…
細い材はあまり見えないとこなので、自分でカットしたら下手すぎてガタガタに(100均のこぎり使いこなせずはさみでカット全部ホームセンターで切ってもらえばよかった)
サイドからちらっと見えるだけですが、表の木材と色が近づくようにダイソーのニスを塗りました。(木材余るので同じものを2つ作りました)

20160211_カレンダー木製フレーム10
ベストな取り付け方法が思いつかず、ごちゃごちゃしてますが…
メイン材の後ろに細い材(上横の目隠し)を強力両面テープで貼りつけただけ

白いフックにカレンダーの金具をひっかけます
20160211_カレンダー木製フレーム12
20160211_カレンダー木製フレーム09
で、カレンダーのフックを、壁の石膏ボード用押しピンにひっかけます。
フレームを固定するための画鋲も壁につけました(無印の針が細い画鋲。支えるにはちょっと心許ないけど軽いから大丈夫かな)。
20160211_カレンダー木製フレーム01
20160211_カレンダー木製フレーム13
うーん、なんかもっといいアイデアないかな

できばえは…遠めでみたらまずまずじゃないですか?
20160211_カレンダー木製フレーム06
うしろサイドのガタガタ切り口は雑ですけど
20160211_カレンダー木製フレーム04
下から見上げるから目立たないかな
20160211_カレンダー木製フレーム05

飾ったのは、ダイニングのデスク上のここ
20160211_カレンダー木製フレーム03
えーっ、ここ?(笑)
もうちょっと目立つとこに主役級にかけてあげたかったですけど、どこの壁にかけてもすっきりしない気がして…、ここに自己満足な完成となりました。
いいんです、1人見てはニヤニヤしてます。北の住まいさん風…

もう1コ同じの作れたので、そちらの使い方は考え中。
このカレンダーを来年裏返して、ToDoリストや子供落書きスペースに使うか、同じカレンダーをもう1個買うか(4月はじまりのが出てますね~)、どうしようかな。
2個作って800円位?(+無印カレンダーは700円)、北の住まいさんの上質さにははるか及びませんが、1/10でできたと思えばよしとしましょうか(ちなみに、北の住まい設計社さんのは土台の木のボードがちゃんとあって、とてもしっかりした素敵な造りです

自己満足長ネタを最後まで読んでいただいてありがとうございます