ダイニングのカウンターデスクの無印カレンダーに
以前、木製の枠を作成しました(→
(その時の写真です)
20160211_カレンダー木製フレーム07
見た目、満足だったのですが、
毎月かけかえがちとめんどい
20160114_カレンダーフレーム改良01
↑この白フックの爪にカレンダーをひっかけるのがコツがいって…
私以外はお手上げ、大ブーイング
重力に逆らってかけるので安定感も無理があったし…

ということで、月イチプチストレスをなくすべく、改良しました
今度は単純カンタンです(なんでさいしょから思いつかなかったんだろ)

ダイソーで買ってきた、マグネットとステンレス金具(ステンレス板ならなんでも)
20160114_カレンダーフレーム改良02
木枠にフックやらクッション材やら貼ってたのぜんぶいらなくて
要するにマグネット貼るだけ

カレンダー1枚めくって
20160114_カレンダーフレーム改良03
ステンレス板挟んで
20160114_カレンダーフレーム改良04
マグネット(シルバー)でカレンダーにマグネットを装着
木枠には、強力両面テープでマグネット(黒)を貼っておいて
20160114_カレンダーフレーム改良06
かぶせるだけ

裏からみたら
20160114_カレンダーフレーム改良05
わずかに厚かったけど

作成していた木枠の厚みにあわせるために、マグネット2種(黒の厚めとシルバー薄め)使用しましたが
1種(強力シルバーのほう)を4個使いでもよかったかも。

壁には普通にフックにカレンダーかけて…
(石膏ボード用の跡が目立たない画鋲「フックかけまくり」を使ってます)
20160114_カレンダーフレーム改良07
上から木枠かぶせるだけ
(マグネットがテキトーにひっついて位置あわせもOK)
20160114_カレンダーフレーム改良11
かんたん~!!(1人で絶賛しすぎ

木枠もホームセンターで木片をカットしてもらって、強力両面テープで前と側面を貼ったらいいだけなので、カンタンですよ

20160114_カレンダーフレーム改良08
厚マグネット+クッション付両面テープの誤差で
ちょっと浮いてしまったけど…
こんなかんじ
20160114_カレンダーフレーム改良13
こんなかんじ
20160114_カレンダーフレーム改良12

憧れの北の住まい設計社さんのカレンダーには程遠いですが、
とってもリーズナブルに好きな大きさで作れるので、いかがでしょうか?

余談
元々、木枠を予備でもう1つ作ってたのでそちらを掲載しましたが
最初にフックをはがしたほうで作ったのは
20160114_カレンダーフレーム改良09
マグネットをギリギリに貼りすぎて
20160114_カレンダーフレーム改良10
(写真だと気づかない?)
下めから見上げるので、結構、黒マグネットが見えてたので
2作めは、ちょっとずらしました
20160114_カレンダーフレーム改良04
ちょっとのことなんですけど…

木枠の前板は5cm幅です
無印の27cm角のカレンダーのデザインを、なんとか隠すことなくいけます
20160114_カレンダーフレーム改良11
(子供が書いた予定1件だけ目立つ…「赤ペン先生やる日」だけ書いて達成するのか?笑)

1つ余ったほうは、昨年の無印カレンダーを裏返して
どこかにかけようと思いつつ、
何に使うのかいいアイデアが浮かびません…


今日もおつきあいいただいてありがとうございます

↓応援クリックいただけましたら嬉しいです!



【メール便可〒】東洋工芸 ハイパーフックかけまくり ハイパーピンS HHT1-S2 保持力画びょうの8倍 4534889251018
ハイパーピンS(HHT1-S2)
フックかけまくりシリーズ
いろいろありますが、フック金具とかついてないシンプルな画鋲タイプが
我が家ではいちばん使ってます
(かなり前購入したきりなので、今は他メーカーもいいのがあるかも未リサーチです