Y home

*ときどき無印 ちょこっと手作り*

お気に入りのシンプルなおうち目指して、インテリアや収納を少しずつ勉強しています。
まだまだ未完成ですが、おうちの記録とモチベーションUPのため綴っていこうと思います。

愛用している自転車の前カゴカバー
口がやわらかいワイヤーでガバッとあけたり閉じたり使い勝手がよくて
毎日乗るので、盗難防止、荷物落下防止、だけでなく雨カバーとして、なくてはならない存在

が何年も使ってついにワイヤーが折れて、
100均のラミネート加工のワイヤーに入れ替えるも、長くもたずに折れてしまいました。

で、今回の改良です。
BlogPaint
元々ゆったりサイズのカバーなんだけど、カゴが特大なのと(自転車購入時に大きいのに変えてもらった)、100均ワイヤーだとフィット感がなく口を何重も折りたくなるので、もうちょっと長かったらいいのになーと思っていたのです

で、元カバーはそのまま、
上半分を長さを足して、上から、ラミネートコーティングの布を縫いあわせました
DSC_0680
DSC_0681
ワイヤーは試しでこれ使ってみたのですが
DSC_0682
ダイソーのカーテンワイヤー
ふにゃふにゃで、形をつけて折りにくくて、こりゃだめかー(やっぱ正規品のワイヤーが優秀)と思いつつ
使ってみると

カバーが余裕の長さになったので
くるくる折り返したり、
折り返さずカゴを覆うだけでも
ワイヤーに適度な重みがあって、
雨風でもめくれることなく、いい感じにフィット

先日作った、後ろカゴカバーとオソロイで
かわいいです
DSC_0687
荷物いっぱいでも余裕
DSC_0690

こちら、もともとのカバー
ワイドタイプ:一番売れてる!リボン付きフロント用バスケットカバー
サイズはこちらのエクストラワイド
エクストラワイドサイズ:小花柄プチグランライラック×ダークブラウンバスケットカバー
お高め?と思いきや、
機能性バッチリでかわいくて、雨の日も、何年ももつので
本当にオススメです
ワイヤーの口をおさえるだけなので出し入れが本当にラク!
生地もしっかりしてて、かわいい柄があっておばちゃんぽくない

今回、後ろカゴ導入にあたって、前後ともこちらのショップで新調しようかと思ったのですが、後ろカゴの伸長できる機能をいかしたかったので、自作したのですが、
機能的には、後ろカゴもすっぽり覆えて、ファスナー開閉できるほうが便利だったかなーと思うことも


カバーをリメイクしてから、1ヶ月以上乗ってますが、
後ろカゴの防水性は低いので使用は時々雨じゃない日だけ(とはいえ小雨くらいは平気)、と後ろバスケットのつけ外しも簡単で、
前かごカバーは、
ゆったりすっぽり覆えるので、ワイヤー口がしっかり閉まってなくても
雨でもぜんぜんへっちゃらで、ちゃんと撥水して荷物を守ってくれてます
かわいくできて、久々のヒット作です(自画自賛)

今日もおつきあいいただきありがとうございます

↓応援クリックいただけましたら嬉しいです!

息子、高学年でもチビなので、まだまだ小さいつもりでいたら、上履きのサイズをUPしたら、袋に入らなくなった!うそー!
入学時に作った上履き入れ、大きめ作っときゃよかったなー

で、作りました
DSC_0683
こないだ自転車用エコバッグ作った布のあまりで。

中学いっても使える想定で大きめ、
だけど、このかわいいの、もってくれるやろか
DSC_0686
中は、砂がはらいやすい、ナイロンコーティングの生地(子供サイフを作ったあまり→)。
かわいい色合わせなので、ちらっと見えるように内布をはみ出させました。

が、このナイロン素材が、巾着の縛りが硬い‌ストッパーもつけたけど、んぎぎー、てせんと閉まらなくて‌たぶんあけっぱで使われるやろなー。
いつも、作った瞬間喜んでくれるのに今回は無反応だった‌やっぱかわいすぎたか
ま、上履き入れやしね、まぁええよね

旧とこの違い
18-06-14-08-09-05-086_deco
大きくなったなーとしみじみ。嬉しいやらせつないやら。

お揃いだったこの水筒カバーも、水筒も、昨年もうボロッボロになって、
市販のスポーツボトルにかえました

20140322_水筒カバー

今日もみにきていただいてありがとうございます

↓応援クリックいただけましたら嬉しいです!

今日も窓まわりの話題です。
自己満足ネタすぎて長いので、ご興味あればよんでくださいねー。

カーテン、ブラインドを決めるときに、
サッシ類は幅広めが殆どで、既製カーテンがまずダメだった。
サッシ広いほうがいいよねー(標準でついてたし)、とそこは安直に決めたけど、既製カーテンのことまで計算外だったわー

オーダーとなると、そもそも、カーテンのほうが安いと思いこんでたら、
カーテンレールも何もついてないから、
試算してみたら、カーテン(レースと2重)よりもダブルロールスクリーンのほうが安い!という嬉しい結果に
(ダンナさん保守派のカーテン推し、私はスクリーン推しだったから言い訳になった‌)

何度となく写真にのせてますが、
リビングは、メイン窓は、ローマンシェードとレースカーテンの組み合わせで、あとはロールスクリーンでお揃いの柄です。(タチカワブラインドです)
20170902_リビングラグ08
20170902_リビングカーテン08
掃き出し窓は、幅広でダブルロールスクリーンはなかったのと、
ダンナさんは出入りしやすいカーテンがいいって希望だったので、
レースだけカーテンにして(隠れるからカーテンレールは安いのでいけた)
電動雨戸シャッターのおかげで、あまり開閉しない内側は憧れのローマンシェードに
(これは高かった!)
DSC_0691
ちなみに、レースと2重タイプのバーチカルブラインドも検討したけど(常にレースで目隠ししたかったので)、構造上嵩張るし、バカ高いしで、断念しました。

ローマンシェードは、オプションで両サイドを無地の切替にできたので、メリハリを
DSC_0693
せっかくのオーダーだから、ちょっとのオプションでできることは採用
(推奨プランはサイド少しだけライン的に切り替えだったんだけど幅広で指定)

レースカーテンはいいなと思うのはどれもお高くて、メーカー違いで、スミノエのリーズナブルなのをみつけたときは嬉しかった(これ以来、スミノエ好きなのです)‌
20170902_リビングカーテン03
シェードとレースカーテンて組み合わせの事例が殆どなくて、吊ってみるまで不安だったけど、素敵な仕上がりに
違うメーカーだけど、なんとなく柄がリンクしてませんか
DSC_0678
和室は、リビングのとあわせて、ダブルロールスクリーンにしたのですが、和風ではないノーマルなのにしたのも、ほんとに和室にあうのか冒険でした。
DSC_0694
はやりの和風シェードは高くて諦めたのもあるんですけど、シンプルに洋風寄りにしたかったんですよね。
外側はシンプルな無地白ですが、あえて遮熱タイプにしました
麻のたたみべりがすっかりなじんでます(たたみべりの記事→
20170902_リビングカーテン07
リビングと階段室との間仕切りは和室と同色のシンプルなのにあわせました。
ところどころ、ベージュの生地にあわせてベージュの機材をセレクトしたんですけど、これはオール白にすべきだった!と後悔

間仕切りは長さがあるから、操作はチェーンのほうが便利なんだけど、
オプションのリボンの飾りをつけたかったので(なんと+500円でつけれた!)、操作はチェーンのみ、プルはうっかりひっぱらないように自己責任で、ってメーカーにお願いしたらつけてくださいました
20160115_スクリーン飾り02
柔軟にお願いをきいてくださった、カーテンやさんとタチカワブラインドさんに感謝

プルセットのお値段もですが、
お願いしたカーテンやさん、
なんとロールスクリーンとブラインドのオーダーが半額!の破格値だったんです!
(バーチカルは3割引だったかな、一部除外もありましたが殆どのロールスクリーンが半額!)
なので、オーダーカーテンよりもロールスクリーンのほうが安くって、こだわりまくりのオーダーでも(一軒オーダーにしては)驚きのローコストで叶ったのです
まちのカーテンやさん、な感じの商売っけもなさそうなお店で(失礼)、
そもそも自分で勉強しないと納得いかない性格なので、大してアドバイスもうけず、カタログをお借りしてサイズから値段まで試算と、妄想の日々(笑)
だけど、採寸も取付も、取付のアドバイスなんかもしっかりしてくださって、一見無愛想?だったけど、人のいいカーテンやさんで、安心して依頼することができたし、本当にオーダーにしてよかったです。
(もう6年もたって現状がわからないのでショップ名は控えさせていただきますね。城陽市にある老舗?な感じのカーテンやさんでマリメッコなども扱ってられました)

その他、以前にも紹介した写真で、
洗面室のピンクのロールスクリーン(TOSO)
20160221_洗面12
おふろのウォッシャブルブラインド(タチカワ)も色が絶妙で好き
20160221_浴室01
20160221_浴室03
2Fトイレはシンプルなシングルレールだけとりつけてもらって
カーテンは手作り(窓はすりガラス)
170721_2Fトイレ01
170721_2Fトイレ06
勝手口ののれんはつっぱり棒で手作りです
20150923_勝手口カーテン(リバーシブル)06
リバーシブルです
20150923_勝手口カーテン(リバーシブル)02

はー、
とっても長々とすみません!
さいごまで読んでいただいてありがとうございます
実は、語りだすと長いとわかってたので、なかなか記事にできずにおりました

↓応援クリックいただけましたら嬉しいです!

↑このページのトップヘ